MENU
workation
2022/05/25
【見る・買う編】東京から移住したHALが軽井沢で買い物するお店5選
この記事は私が書いています
HAL
兵庫県出身 パチンコ屋、カフェ、ブランディング、デザイン事務所など いろんなところで働いてきた経験と人脈あり 配慮のできる黒子とよいHUBをめざしています!

こんにちは!HALです。ようやく暖かくなり昼間は半袖で過ごせる日も増えてきた軽井沢。新緑が美しく、様々なグリーンのグラデーションを見せてくれています。

軽井沢は自然がたくさんあり避暑地というイメージが強いですが、ファッションやインテリアの感度が高いお店もあり、歩いて発掘するのもまた楽しいものです。

軽井沢の駅から少し離れていたり、大通りから外れていたりなど、
観光スポットではない、住んでいても日々行きたくなるようなお店をご紹介します。
全て軽井沢駅から徒歩圏内です!

<見る・買う>

メゾン・マ・マニエ

店主のしまもんは、洋服が好きで好きでしかたないというのがにじみでていて、話しをしていてとても楽しいのです。ヴィンテージ、新品の洋服、アクセサリーや食器など小物類も素敵です。

酢重ギャラリー ダークアイズ

向かいの蕎麦屋「川上庵」、レストラン「酢重正之」で使われている食器他、作家さんの器などが販売されています。2Fにはウェグナーの家具やヴィンテージの照明などもあり。

コリス

「オールドマンズテーラー」の洋服や「タダフサ」の包丁など、
軽井沢で見て買うことができるなんてとワクワク!東京では売り切れでも
ここでは買えたりなんてこともあるかも?

軽井沢ニューアートミュージアム

1Fにはデザインやアートに関する本がたくさん設置されています。無料で見ることができる展示スペースもあり。
ミュージアムショップが併設されているのもまた嬉しい。

サジロ カフェ フォレスト

ネパールカレーとスパイスやハーブを使った料理のレストラン。
店内には物販スペースもあり、チャイシロップやスパイス、カッティングボードやカトラリーなどの雑貨もあり、食事をしなくてもつい立ち寄りたくなる場所です。

まとめ

軽井沢で自然を満喫して癒される時間もよし、
買い物やお店の人と話す時間を楽しめる場所を訪れると、
地元の人に新たな情報を聞けると思います!

私は軽井沢に住んでいるので、自然も都会も両方の要素を求めて
歩いて寄り道して開拓を続ける日々です。

この記事をシェアする!
この記事は私が書いています
HAL
兵庫県出身 パチンコ屋、カフェ、ブランディング、デザイン事務所など いろんなところで働いてきた経験と人脈あり 配慮のできる黒子とよいHUBをめざしています!
カテゴリ一覧
記事を書いている人たち

232で過ごす1日

LINE公式アカウントを友だち登録していただくと、232スタッフが発信している軽井沢の魅力やワーケーションについてなどの限定情報、新着情報をお届けいたします。

232のSNSをチェック!

232が運営している事業